• HOME
  • 弁護士の選び方

弁護士の選び方

交通事故の事件処理を弁護士に依頼することは,多くの人にとって,一生に1,2度あるかどうかというところでしょう。最近では,テレビCMなどで法律事務所の広告を見ることができます。

また,インターネット上にも多数の法律事務所がホームページを掲載しています。多数の弁護士の中から,実際に依頼する弁護士を選ぶにはどうしたらよいのでしょうか。
 
DSC_8711.jpgのサムネール画像
 
交通事故の事件処理を弁護士に依頼することは,多くの人にとって,一生に1,2度あるかどうかというところでしょう。最近では,テレビCMなどで法律事務所の広告を見ることができます。

また,インターネット上にも多数の法律事務所がホームページを掲載しています。多数の弁護士の中から,実際に依頼する弁護士を選ぶにはどうしたらよいのでしょうか。

 

弁護士を選ぶポイント

1 交通事故をどれくらい扱っているか

_D7B3921.jpgのサムネール画像   交通事故の事件処理においては,一般的な法律知識のみならず,保険制度や医学に関する知識が必要です。

一度も交通事故を扱ったことがない弁護士はもちろん,あまり経験のない弁護士では,対応困難な場面に直面する可能性があります。

コンスタントに交通事故の事件処理を行っている弁護士に依頼することが望ましいでしょう。
 
 

2 同種の傷病について事件処理した経験があるか

交通事故の事件処理をコンスタントに行っている弁護士であっても,ありとあらゆる傷病について事件処理をしたことがあるとは限りません。


高次脳機能障害やTFCC損傷など,高度な医学的知識が必要となる事案については,事件処理の経験のある弁護士に依頼しなければ適切な対応ができない可能性があります。

 

画像 137.jpg

 

3 相性が合うか

画像 319.jpg   弁護士との相性も重要です。交通事故は依頼者の方にとって一生にかかわることですから,信用がおけないような弁護士に依頼することは避けるべきです。

また,事件処理の進捗や今後の見通し等について気兼ねなく質問できないような弁護士に依頼してしまうと,現状どうなっているのかわからなくなってしまい,不安を抱くことになりかねません。
 
多数の弁護士の中から,ご自身に合った弁護士を一度で見つけるのは難しいかもしれません。最近では,無料相談を受け付けている弁護士も多いですから,まずは弁護士と実際に面談してみてはいかがでしょうか。
 

交通事故の事件処理を弁護士に依頼することは,多くの人にとって,一生に1,2度あるかどうかというところでしょう。最近では,テレビCMなどで法律事務所の広告を見ることができます。


また,インターネット上にも多数の法律事務所がホームページを掲載しています。多数の弁護士の中から,実際に依頼する弁護士を選ぶにはどうしたらよいのでしょうか。

親切丁寧にご対応致します。お気軽にご相談下さい。