• HOME
  • 過失相殺率(過失割合)

交通事故の過失相殺率(過失割合)の基本

1 過失相殺率(過失割合)とは

交通事故の損害賠償では,まず,損害額を計算し,確定させます。しかし,損害額の全額を加害者に請求できるとは限りません。被害者側にも過失があった場合には,その過失の割合に応じて,獲得できる金額が減額されます。

このような被害者の過失の割合に応じた減額のことを「過失相殺」といい,その割合のことを「過失相殺率」又は「過失割合」と言います。


2 自賠責の場合

3つの基準の記事で説明しました通り,裁判基準(弁護士基準)で計算される賠償額は,自賠責保険の基準額よりも,ずっと大きな金額になります。

他方,過失相殺については,自賠責保険の利用にメリットがあります。
被害者の過失割合が7割未満の場合,自賠責保険では過失割合により減額はされません。


自賠責における減額割合は,以下の表の通りになります。

被害者の過失割合 減額割合
後遺障害・死亡部分 傷害部分
7割未満 減額なし 減額なし
7割以上8割未満 2割減額 2割減額
8割以上9割未満 3割減額
9割以上10割未満 5割減額

上記の通りですから,過失割合の大きい被害者の場合,自賠責保険の請求のみに留めた方が有利な場合もあります