高次脳機能障害

交通事故により,頭部に外傷を負い,意識障害を負った被害者が,意識の回復後,認知障害,行動障害,人格変性を生じ,社会復帰が困難となる状態を高次脳機能障害と呼んでいます。

認知障害 ①記憶障害,②集中力の低下,③判断力の低下,④病識の欠落等
行動障害 ①複数のことを同時に処理できない,②マナー・ルールが守れない,③行動を抑制できない等
人格変性 ①自発性低下,②衝動性,③易怒性等

 

高次脳機能障害が自賠責保険において,後遺障害とし認定されるには,以下の4つが基本要素になります。


①事故により頭部に外傷が生じた,②受傷後の意識障害,③認知障害,行動障害及び人格性変化,④脳室拡大や脳全体の萎縮がMRI等の画像上認められる。
 
高次脳機能障害は,被害者本人に病気であるという自覚がないため,家族などの身近な人が気付いてあげなければ,見過ごされてしまいます。また,判断力の低下などにより,成年後見等の申立ても検討しなければならない場合も出てきます。


「事故に遭ってから人が変わったような気がする」など,些細なことでも高次脳機能障害だと疑われる症状があれば,まずは高次脳機能障害に詳しい弁護士にご相談することをお勧め致します。
 

高次脳機能障害の認定基準

等級 認定基準
1級1号(要介護) 神経系統の機能または精神に著しい障害を残し,常に介護を要するもの
2級1号(要介護) 神経系統の機能または精神に著しい障害を残し,随時介護を要するもの
3級3号 神経系統の機能または精神に著しい障害を残し,終身労務に服することができないもの
5級2号 神経系統の機能または精神に著しい障害を残し,特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
7級4号 神経系統の機能または精神に障害を残し,軽易な労務以外の労務に服することができないもの
9級10号 神経系統の機能または精神に障害を残し,服することが出来る労務が相当な程度に制限されるもの
 

後遺障害の種類についてはこちらもご覧下さい

●後遺障害の種類 ●高次脳機能障害 ●遷延性意識障害(植物状態)
●脊髄損傷 ●眼の後遺障害 ●耳の後遺障害
●鼻の後遺障害 ●口の後遺障害 ●上肢(肩、腕)の後遺障害
●手の後遺障害 ●下肢の後遺障害 ●足指の後遺障害
●醜状の後遺障害    

 

親切丁寧にご対応致します。お気軽にご相談下さい。