脊髄損傷について

交通事故により,脊髄に障害が発生し,神経の伝達経路が遮断され,傷害部分以下に運動麻痺,知覚麻痺,自律神経障害が起こります。障害が頚髄に発生すると,四肢が麻痺し,胸髄・腰髄に発生すると対麻痺が起きます。
 
脊髄損傷には大きく分けて2つの分類があります。
 

脊髄損傷における2分類

①完全損傷 下肢がまったく動かず感覚もなくなった状態のこと。全く何も感じないわけではなく,受傷した部分から下の麻痺した部分にかけて,痛みを感じることもある。頚椎を損傷した場合には,四肢全てが動かないという状態になる。
②不全損傷 脊髄の一部が損傷して一部が麻痺をしている状態のこと。ある程度運動機能が残っている軽症から感覚知覚機能だけ残った重症なものもある。
 
完全損傷,不全損傷どちらの場合においても,脊髄は一度傷が付くと元通りに回復しないものです(最近は回復可能性が指摘されています。)。そのため,交通事故により,脊髄を損傷した場合,適正な後遺障害等級を獲得し,適正な賠償金を受け取ることができなければ,事故後の生活の安定は難しいと言えます。
 

脊髄損傷における後遺障害の認定基準は以下の通りになります。

等級 認定基準
1級1号 ①高度の四肢麻痺が認められるもの
②高度の対麻痺が認められるもの
③中等度の四肢麻痺であって,食事・入浴・用便・更衣等について常時介護を要するもの
④中等度の対麻痺であって,食事・入浴・用便・更衣等について常時介護を要するもの
2級1号 ①中程度の四肢麻痺が認められるもの
②軽度の四肢麻痺であって,食事・入浴・用便・更衣等について随時介護を要するもの
③中等度の対麻痺であって,食事・入浴・用便・更衣等について随時介護を要するもの
3級3号 ①軽度の四肢麻痺が認められるもの
②中等度の対麻痺が認められるもの
5級2号 ①きわめて軽易な労務のほかに服する
②一下肢に高度の単麻痺が認められるもの
7級4号 軽易な労務以外には服することができないもの
下肢に中等度の単麻痺が認めら得るもの
9級10号 通常の労務に服することができるが,就労可能な職種の範囲が相当な程度に制限されるもの
一下肢に軽度の単麻痺が認められるもの
12級13号 通常の労務に服することができるが,多少の障害を残すもの
運動性,支持性,巧緻性及び速度について支障が殆ど認められない程度の軽微な麻痺を残すもの
運動障害が認められないものの,広範囲にわたる感覚障害が認められるもの
 
脊髄損傷の診断は,感覚テストに徒手筋力テスト(MMT)による損傷レベルの高位の確定,反射の種類,自律神経障害の有無,CT・MRI等の画像所見を総合して行われます。
 
自賠責保険の後遺障害の認定は,画像所見による裏付けが絶対条件です。MRI画像も通常の1.5ステラでは画像に症状が表れないが,3ステラであれば画像に写るという場合もありますので,適正な後遺障害等級を獲得するためにも,まずは交通事故問題に詳しい弁護士にご相談されることをお勧め致します。
 

後遺障害の種類についてはこちらもご覧下さい

●後遺障害の種類 ●高次脳機能障害 ●遷延性意識障害(植物状態)
●脊髄損傷 ●眼の後遺障害 ●耳の後遺障害
●鼻の後遺障害 ●口の後遺障害 ●上肢(肩、腕)の後遺障害
●手の後遺障害 ●下肢の後遺障害 ●足指の後遺障害
●醜状の後遺障害    

 

親切丁寧にご対応致します。お気軽にご相談下さい。